自転車競技の見どころとルール【オリンピック種目】ロードレース、BMX他

自転車競技は第1回オリンピックであるアテネ大会から、途切れることなく競技として採用されてきたスポーツです。

プロ選手が参加する人気のある大会が多くあり、プロ選手の参加できないオリンピックはあまり注目されていませんでした。
しかし1992年のバルセロナ大会からプロ選手の参加が認められたため、自転車競技全体への注目度がより高くなっています。

自転車競技の種類はどれくらい?

自転車競技と聞いて、どれくらいの種目を思い出せるでしょうか?
有名な競技については聞いたことがあるかもしれませんが、自転車競技を列挙すると少なくとも10種目以上あります。

  • ロードレース
  • トラックレース
  • マウンテンバイク
  • BMX
  • シクロクロス
  • パラサイクリング
  • トライアスロン
  • トライアル
  • インドア自転車競技
  • バイクチャンバラなどその他

世界には紹介した10種目以外にも楽しまれている自転車競技もありますが、今回は大きな大会も開かれている有名な4つの自転車競技に絞って紹介していきます。

代表的な種目と見どころを紹介

日本で自転車競技者として登録されているのは、たった5,500人と言われています。
しかし世界では自転車競技の人気は非常に高く、特に以下の4つの自転車競技は人気の高いスポーツです。

ロードレース

ロードレースの中でも、特に有名なのはツール・ド・フランスという大会です。
この大会は開催されてから、すでに100年以上が経過している歴史のあるレースと言えます。

ツール・ド・フランスの舞台として一般公道を使用しているように、ロードレースは基本的に舗装されている一般公道で開催されます。
世界中でロードレースの大会が開かれていますが、レースの競技方法は次のようになります。

  1. チームタイムトライアル
  2. マスドレース
  3. 個人タイムトライアル

★チームタイムトライアルとは、複数のチームの選手全てが同時にスタートしてレースを行い、各選手の合計タイムによって勝敗を決めます。

★マスドレースとは、全選手が同時にスタートして一番早くゴールした選手の勝利という見た目にも分かりやすいレース方法です。

★個人タイムトライアルとは、全選手のスタートのタイミングが異なり、ゴールまでの時間のみで順位を決定する方法です。

レースの種類には次の3つがあります。

  • ワンデイレース:1日で終わる競技で平坦なコースが選択される
  • ステージレース:数日間のレースで、コースは平坦・山岳など様々
  • シリーズ:ワンデイとステージを1シーズン行ないポイント形式で競う

ロードレースは競技人口が多く賞金も良いため、プロ選手もいる自転車競技です。

トラックレース

トラックレースとは、競技場のトラックを周回して順位を競う自転車レースです。
競輪がまさにトラックレースであり、競技場トラックの1周は250mから500mになっています。

トラックレースで使用する自転車の最高スピードは、最高で時速70kmにも達するので、自転車がカーブしやすいようにコースにはカント(角度)がつけられています。
競技方法は次の9つです。

  1. タイムトライアル:
    計測タイムによる順位
  2. スプリント:
    1,000mほどのコースを2名から4名で順位を競う
  3. チームスプリント:
    1チーム3人でスタートして先頭タイムがチームタイムになる
  4. 個人パーシュート:
    トラック半周離れた場所から2名がスタートして追い抜きで勝利
  5. スクラッチ:
    24名までの選手が同時スタートし順位を競う
  6. ポイントレース:
    複数のポイント通過時の順位でポイントを加算
  7. マディソン:
    2人1組のポイントレース
  8. オムニアム:
    4種目のポイントで争うレース
  9. ケイリン:
    ペースメーカーがいなくなる残り750mからの勝負

同じトラックレースでも競技方法が異なるため、観戦する時は注意してください。

マウンテンバイク

通常の自転車よりも頑丈なマウンテンバイクを使用した山岳レースです。
細かく分けると5つの競技方法があります。

  1. クロスカントリー:
    規定コースを複数周走るレースで順位を競う
  2. ダウンヒル:
    スキー場を上から自転車で降りるタイムレース
  3. エンデュランス:
    規定の時間内でコースを何周回れるかを競う
  4. エンデューロ:
    コース中のタイム計測区間のみの合計で競う
  5. デュアルスラローム:
    コースを2名から4名の選手が順位を競う

未舗装道路で自転車を巧みに操る選手の技術と信じられないほどのスピードが魅力のレースです。

BMX

8名ほどの選手が車輪の小さなBMXという自転車を使い、周回コースでの順位を競う競技です。

人工的に作られたオフロードコースであり、障害物やジャンプ台なども設置されています。

BMXには順位を競うレースだけでなく、アクロバティックなトリックを審査するフリースタイルと呼ばれる競技もあります。
自転車が体から離れるようなトリックもあり、難易度の高い技が魅力です。

自転車競技のまとめ

日本では人気が高いとは言えない自転車競技ですが、世界に目を向けるとプロ選手もたくさんいるほど人気があります。

有名なロードレースだけでなく、トラックレースやマウンテンバイク、BMXもオリンピック競技に11種目も含まれています。

しかし競技方法が異なっているものも多く、レース観戦する時には勝敗のつき方がどの方法なのか把握しておきましょう。
個人レースも面白いですが、チーム戦で行われる自転車競技も奥が深くとても面白いスポーツです。

世界最大級オンライン・サイクルショップ【Wiggle】
▲イギリス人気No.1の【Wiggle】は、ロードバイク、マウンテンバイク、トライアスロン用品までスポーツ用品を幅広く取り揃え。
国内価格より安い!

自転車競技のロードレースの種類と基本的なルール説明について

ロードレース(自転車競技)

自転車競技のロードレースは、ヨーロッパで非常に人気の高いスポーツです。

100年以上の歴史を誇るような有名な大会も開催されており、もちろんオリンピックの競技にも正式採用されています。

しかし見た目の順位だけでなく、様々な要素によって順位が変動していくため、正確にルールを理解する事が大切です。
ロードレースに興味があるけど、よく分からないという方にルールやレース観戦のポイントについてご紹介します。

ロードレースの種類と基本ルール

一般道を使う自転車競技ロードレースには、レースの種類が3つあります。

  • タイムトライアル(個人・チーム)
  • ステージレース
  • ワンデーレース(クラシックレース)

ロードレースの種類について正確に理解できると、レースの見方がガラッと変わります。

個人タイムトライアル

選手は時間をずらしてスタートして、ゴールまでのタイムを純粋に競うレースになるので、最も分かりやすいロードレースの種類が個人タイムトライアルです。

個人タイムトライアルでは、他の選手の後ろに付いて空気抵抗を減らすことが禁止されているので、純粋に選手の力の差が表れるレースです。
レースの距離は数kmから50kmほどになります。

チームタイムトライアル

1チームの選手全員が同時にスタートして、ゴールまでのチーム全体の合計タイムによって順位が決まります。
個人トライアルとは異なり、同じチーム内であれば後ろについて空気抵抗を減らすことが許されています。

先頭を走る選手をチーム内で交代しながらレースを進め、チーム全体の合計タイムを短くするチーム戦略が必要なレースです。

ステージレース

数日から3週間の期間にわたってレース(1ステージ)が毎日行われ、最終的に最初にゴールした選手が優勝になります。
ステージレースには20チーム(1チーム9名)ほどが参加し、3,500kmほどのレースの優勝を目指します。

しかしチームのエースがレースに優勝できるように残りの8名はアシスト役に徹するため、出場選手すべてが優勝を目標にしているわけではありません。

チームが協力してレースを行うことで、エースが各レースに優勝するだけでなく、全ステージ終了時に個人総合優勝を獲得できるようになります。
個人総合優勝のタイトル以外に、チームとして次のタイトルも目指すことになります。

  • 山岳賞:設定された山岳ポイント(峠の頂上)での順位による付与ポイント
  • ポイント賞:平坦路に設定されたスプリントポイントでの順位による付与ポイント
  • チーム総合優勝:各ステージのチーム内3位までのタイム合計
  • 新人賞

仮にステージレースごとにエースが優勝しても、チーム内2位3位のタイムが遅すぎるなら山岳賞やポイント賞を獲得できず、さらにチーム総合優勝もできません。

個人を優勝させるだけでなく、チームとして上記の賞を獲得する事を目指すため、レースごとに緻密な戦略が必要になってきます。

ワンデーレース

ワンデーレースとはステージレースとは異なり、1日で勝者が決定するレースです。
つまりゴールラインを最初に越えた選手が優勝したことになるため、観客にとっても分かりやすい自転車競技と言えます。

ステージレースと異なるもう1つの点は、ワンデーレースはコース難易度が高くなっている事です。
例えば石畳のコースを走ることもあり、スピードを維持しながらパンクを避ける運転をするなど高い技術が求められます。

ロードレースの有名な大会とは?

自転車競技のロードレースにおける有名な大会についてご紹介します。

ステージレースの大会と開催時期

ステージレースの中で、忘れてはいけない大会はグランツールと呼ばれる3つの大会です。

グランツールとは、最高のステージレースという意味であり、チームや個人にとってグランツールで優勝することが大変名誉なことになります。

  1. ジロ・デ・イタリア:5月
  2. ツール・ド・フランス:6月から7月頃
  3. ブエルタ・ア・エスパーニャ:8月から9月頃

上記の3大会の他にも、ステージレースに含まれる大会はたくさんあります。

しかし3大会は、日程が2週間から3週間という長期間の大会であり、さらに走行距離は3,500kmを越えます。
加えてレースの難易度の高さと高額な賞金ゆえに、出場自体が最高難度の大会です。

3つの大会の中でも、ツール・ド・フランスはさらに別格のものであり、世界中から注目されている大会です。

ワンデーレースの大会と開催時期

数あるワンデーレースの中で、格式ある大会とされているのがクラシックと呼ばれている12個ほどの大会です。
12大会の中でも、クラシック最高峰とされている大会(モニュメント)が5つあります。

  1. ミラノ〜サンレモ:3月中旬頃
  2. ロンド・ファン・フラーンデレン:4月頃
  3. パリ〜ルーベ:3月頃開催
  4. リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ:4月下旬頃
  5. ジロ・ディ・ロンバルディア:9月下旬から10月上旬

ワンデーレースを観戦する場合、上記のモニュメントと呼ばれる5大会は外せません。
オリンピックで開催されるロードレースは、200kmから250kmほどのワンデーレースに含まれます。

自転車競技★ロードレース★まとめ

日本での人気はそれほど高くない自転車競技ですが、ヨーロッパなどの海外ではスポーツの祭典として非常に高い人気を誇っています。
ステージレースやワンデーレースの最高峰の大会の歴史は、ほとんどが100年以上になっています。

ロードレースの種類によってルールやレース戦略が大きく変わるため、単純に見たままの結果が順位になるとは言えません。
ですからロードレースを観戦する時は、どのような種類のレースなのか事前に調べておくことが重要です。

これからロードレースを見てみようと考えているなら、こちらで紹介したモニュメントやグランツールがおすすめです。

人気自転車が最大30%OFF!送料無料!話題の自転車ショップ【cyma-サイマ-】

自転車競技トラックレースの見どころは?種目の数や基本ルールを紹介

トラックレース

スピードを競う自転車競技のひとつに、トラックレースがあります。

自転車トラックレースは種目数がとても多く、2020年に開催される東京オリンピックでも多くの種目が採用されています。
主な種目の特徴や基本ルール、見どころなどをまとめて紹介しましょう。

スピーディな自転車競技、トラックレース

トラックレースは自転車で競技場のトラックを周回して速さを競う競技です。

トラックは角丸長方形で内側に向かってカントと呼ばれる勾配の付いたすり鉢状になっています。
特にカーブのポイントではカントがきつくなっていて、全体を通してスピードを落とさずに走れる構造になっています。

トラックの舗装は板やコンクリート、ウォークトップと呼ばれるカラーシーリング材など様々で、一周の距離は250mから500mが一般的です。
舗装や周回距離は種目によっても異なり、種目ごとの特性に合わせた環境が設定されています。

トラックレースの種目

トラックレース競技が採用されている主な国際大会には、4年に1度のオリンピックや毎年開催される世界自転車選手権があり、それぞれ多数の種目が採用されています。

種目は変更になることがありますが、現時点でオリンピックや世界選手権で採用されている種目は次のとおりです。

  • スプリント
  • チームスプリント
  • ケイリン
  • チームパシュート
  • オムニアム
  • マディソン

スプリント

個人で決められた周回を走って着順を競う短距離のトラック種目です。

最終200mのタイムを競う予選で上位に入った選手が決勝に進み、決勝は1対1のマッチレースで行われます。

ゴールに向けたラストスパートまでの熾烈なポジション争いやゴール前のデッドヒートが見どころの種目です。

チームスプリント

男子は3人1組、女子は2人1組のチームでトラックを3周走り、1周ごとに先頭がコースから外れていき最後の1名同士で勝敗を決する、タイムトライアルレースです。

常に有利なポジションを探りつつ、最後の1人にいかに体力を温存させるかが見どころのひとつです。

ケイリン

トラックを8周して速さを競うケイリンは公営競技の競輪から派生した種目で、区別するためにケイリン(KEIRIN)と呼ばれています。

どちらもトラックを周回して速さを競う点では共通していますが、トラックの長さやカントの角度、レースに参加する競技人数や周回数など細かな違いがあります。

もっとも大きく違うのは競輪が主に地方支部ごとの隊列を組んで競うライン戦であるのに対し、ケイリンは完全な個人戦である点です。
日本生まれのケイリン(KEIRIN)は、国際自転車競技連合にも正式名称として認定されています。

チームパシュート

団体追抜競走とも呼ばれる種目で、4人1組の2チームが計4kmの走路を駆け抜けて相手を追い抜くかタイムで上回ることで勝利となります。

空気抵抗をいかに抑えながら戦うか、コーナーを使っていかに先頭交代をスムーズに行うかがカギとなる、チームワークが見どころの種目です。

オムニアム

下記の4種目を1日で行い、合計得点で順位を決定する複合種目です。

  1. スクラッチ
  2. テンポレース
  3. エリミネイション
  4. ポイントレース

スクラッチは全員が一斉にスタートするトラック種目で、テンポレースは各周ごとに先頭選手にポイントが加算される種目。
エリミネイションは2週ごとに最下位の選手が脱落していき、ポイントレースでは25kmから50kmを中間ポイントを獲得しながら走破します。

マディソン

2人1組のペアで交代しながら決められた距離を走り切るポイントレースです。
交代のタイミングや、交代の際に行われる加速のためのハンドスリングなどの動作が見どころの種目です。

トラックレースはここが面白い!

トラックレースでは今回紹介した以外にもたくさんの種目があります。
種目ごとに特徴があり見どころもそれぞれに違いますが、風の影響を大きく受ける自転車競技では基本的に先頭の選手ほど風圧で不利になるため、中盤までは他の選手の後ろに付く形でレースを組み立てる戦法が一般的です。

少しでも有利なポジションを確保するための牽制や駆け引きが見どころのひとつで、最終周に入るあたりからレースの様相がポジション争いから先頭争いへとチェンジします。

特にスプリント系の種目では各選手が爆発的に加速するため、一気に会場全体のボルテージが上がります。
種目によっては最高速度が時速70kmにまで達することもあり、その迫力はまさに圧巻のひとことです。

トラックレースまとめ

自転車競技のひとつであるトラックレースにはスプリントやチームパシュート、マディソンなど様々な種目があります。

スプリント系の個人競技では中盤までのポジション争いとレース終盤に過熱するトップ争い、チームパシュートやマディソンなどのライン戦ではスピーディなレース展開の中で発揮されるチームワークが主な見どころです。

レースを通して様々な戦術や駆け引きがあるので、競技を知れば知るほどトラックレースの魅力は高まるでしょう。

世界最大級オンライン・サイクルショップ【Wiggle】
▲イギリス人気No.1の【Wiggle】は、ロードバイク、マウンテンバイク、トライアスロン用品までスポーツ用品を幅広く取り揃え。 国内価格より安い!

若者に人気のBMXレーシングとフリースタイルの特徴について

BMX

若者を中心に人気が高まっている自転車競技の種目に、BMXレーシングとフリースタイルがあります。

10代で国際大会に出て入賞を果たしている選手も多数出てきており、今後も競技人口は増え続けることが予想される熱い競技です。
今回は、BMXレーシングやフリースタイルの特徴や見どころについて解説します。

BMXとは?

BMX(Bicycle Motocross)は自転車競技に用いられる専用の自転車です。

一般的なシティサイクルやロードバイクなどとは異なり、快適な運転のための機能が排除されたシンプルな構造で、変速機能なども付いていません。

前後輪のホイール径は20インチと比較的小さく、本体も激しい動きを伴う競技に特化した頑丈な造りになっています。
BMXを用いて行われる主な自転車競技には、BMXレーシングとフリースタイルがあります。

スリリングな展開が見どころ、BMXレーシング

BMXレーシングは1周300mから400m前後のダートコース(土のコース)を最大8人で走り順位を競う種目で、コースには大小さまざまな起伏やジャンプ台などが設置されています。
大会は年齢や能力でクラス分けされていて、幼い小学生や女子のクラスでもレースが活発に行われています。

BMXレーシングはスタートヒルと呼ばれる高所からはじまり、坂を駆け下りて障害を越えていきます。

基本的には先行逃げ切りが有利とされますが、起伏の大きいコースやジャンプ台などがあるため転倒や落下、選手同士の接触といったアクシデントが頻繁に起こります。

最後の最後まで何が起きるかわからない、スリリングな展開が見どころの種目です。

トリックが決め手のフリースタイル

一方のフリースタイルはBMXに乗りながら様々な技を繰り出して難易度や独創性に応じた得点を競う競技で、離れ業を伴ういわゆるエクストリームスポーツの1種です。

BMXの車体をまるで身体の一部のように操る光景は圧巻で、まさに人間離れしたパフォーマンス。

なおフリースタイルのようなエクストリームスポーツでは競技の中で繰り出す技を「トリック」、ジャンプして空中で繰り出す技を「エアートリック」といいます。
フリースタイルはさらに多くの種目に分かれています。

フリースタイルの種目

BMXのフリースタイルには、主に次のような種目があります。

  • フラットランド
  • パーク
  • ストリート
  • トレイル
  • ヴァート
  • ビッグエア

フラットランド

舗装された平坦な地面を舞台に様々なテクニックを披露し、得点を競う種目です。

前後輪の左右に取り付けられたペグというパーツを使って身体を支えたり、障害物に引っかけたりしながらパフォーマンスを行います。

それぞれの難易度だけでなく全体の構成やオリジナリティも採点の対象になる、フィギュアスケートに近い種目です。
車体を自在に操るテクニックが見どころのひとつです。

パーク

スケートボードやインラインスケートなどの競技専用施設であるスケートパークを舞台に行われる種目です。

スケートパークはクォーターランプやバンク、スパインなど様々なセクションで構成されていて、選手は各セクションごとにエアートリックを披露し得点を競います。
ジャンプの高さや技の完成度、オリジナリティなど様々な評価基準が設けられています。

ストリート

フリースタイルの起源でもあるストリートカルチャーを競技として発展させた種目で、階段の手すりや縁石、壁など街中にある建造物に見立てたセクションを使って技を披露します。

先述のフラットランド種目では手足をかけたりするため表面に滑り止めの加工を施した軽めのペグを用いますが、ストリート種目では建造物との接触を考慮して滑りやすく耐久性の高いタイプのペグを使用します。

トレイル

地面に大きなこぶを多数作ったトレイルと呼ばれるコースでジャンプを繰り返してエアートリックを決める種目で、ダートやダートジャンプとも呼ばれています。
加速してのジャンプとトリック、着地というプロセスを連続的に行う様は、見る側にも独特の爽快感を与えます。

ヴァート

スキーやスノーボード、スケートボードなど使用されるハーフパイプに似たU字型のヴァートランプで行う種目です。

ヴァートランプから繰り返しジャンプして様々なトリックを披露するため、空中で自身の身体とBMXの車体を正確にコントロールする高い技術が求められます。

コントロールを誤るとヴァートランプの端や斜面に激突する危険が大きいこともあり、競技人口は他に種目に比べると多くありません。

ビッグエア

急斜面から駆け下りてジャンプ台から勢いよく跳び上がり、10m近くにもなるジャンプの中で様々な技を繰り出す種目です。
滞空時間の長さと見ているものを圧倒するエアートリックの数々は必見です。

ビッグエア種目はスノーボードやフリースタイルスキー、スケートボードなど他のエクストリームスポーツでも行われています。

主要な国際大会

BMX競技が行われる主な国際大会には、オリンピックや世界選手権自転車競技大会、各国を転戦するBMXスーパークロス・ワールドカップなどがあります。

オリンピックは2008年の北京大会からBMXレーシングが採用され、2020年の東京大会でフリースタイルのパーク種目が採用されることが決定しています。

全日本BMX選手権で優秀な成績を収めた若い選手達もこうした国際大会に数多く出場していて、今後の活躍が大いに期待されるところです。

BMXまとめ

BMXという専用の頑丈な自転車を用いて行われるBMXレーシングとフリースタイルは、どちらも若者に人気の自転車競技です。

ダートコースで行われるBMXレーシングは起伏のあるコースをスピーディに駆け抜けるスリリングなレース展開が魅力。
パークやストリートなど様々な種目に分かれるフリースタイルはジャンプや回転といった様々なトリックを披露する身体能力とテクニックが見どころです。

幼い頃から自転車に触れて経験を積んできた若い選手が多く活躍する、とても熱い競技です。

人気自転車が最大30%OFF!送料無料!話題の自転車ショップ【cyma-サイマ-】

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

■洋画・邦画・海外ドラマ・韓流ドラマ・アニメ・音楽・バラエティ番組に至るまで、あらゆるエンタメコンテンツが見放題で楽しめるU-NEXT

公式ホームページで内容を確認