30代以降の転職は難しい?転職して失敗しないための心構えや準備

30代での転職は難しいとされています。

それは転職したい人がこれまでのキャリアとは関係のない新天地を求める傾向がある一方で、転職先が即戦力を求めていることが挙げられます。

つまり採用者と求職者の求めているものが逆。

その場合、まったくキャリアのないところに30代で飛び込むことになるのです。
キャリア形成に時間のかかる職種でしたら、受け入れ側も二の足を踏むかもしれません。

ここでは30代での転職の注意点と転職するために何をしたらいいのか、さらには年収アップについても考えてみます。

退職と転職の違いをはっきりとさせる

退職してから転職する。

順番は間違いないのですが、「性に合わない」から退職したいという人が少なくありません。
自分に合わないのですから、仕事を替えたいというのは当然の欲求です。

しかしそこにはポジティブで明確な転職の意識がないので、転職活動も効率的に進みません。
仕事が全くしたくないのなら話は別ですが、まず転職を考えてその過程の中で退職を考えるようにします。

まずは辞めてからじっくりとしたいことを考える、という人もいるのですが、それは今の仕事をしながらでもできます。
無職の期間が長いと転職も不利になるので、転職先を見つけて進むべき道がある程度ハッキリとしてから退職の手続きに入る方がベターと言えます。

順序としては、「やりたいことを決める」「転職先を決める」ということを第一にして、前向きな退職を考えるようにしましょう。

簡単にまとめると、「今の仕事がつまらない」「嫌いだから」というネガティブな理由で先に退職を決めるのではなく、「もっと自分に合った仕事をしたい」という前向きな転職理由をみつけて、やりたいことや目標が定まってから退職を考えるようにしましょう。

似たようでありながら、意識の差は全く異なりますし、結果も変わってくることでしょう。

準備が必要な場合も

かつて転職するなら30歳まで、という時代がありました。
しかし現在は30代であっても十分に転職が可能です。

同時に即戦力として期待される場合も多いといっていいでしょう。

キャリアがあれば、さらにキャリアアップが望めますし、未経験分野であってもチャレンジが十分に可能な年代です。
それでも、未経験分野であれば闇雲にチャレンジするのではなく、転職先に合った資格などを取得すると転職の早道になります。

資格取得も視野に

例えば不動産関係でしたら、「宅地建物取引主任者」通称「宅建」の資格があれば、不動産会社への転職は容易となります。
もちろん資格取得の意思をアピールして面接に臨むのもいいでしょう。

特に「自分の実力を試したい」、「新天地で飛躍したい」というのでしたら、それなりの準備が必要です。

そのため、関連した資格を取得済みというのでしたら、大きなアピールになりますし、資格の取得に向けて勉強中、というのでもいいでしょう。

実力評価型の企業に転職したいのであれば、アピールポイントは特に重要になります。

転職で失敗しないために

転職の目的が年収アップである場合の多くは、これまでのキャリアを活かした転職が大切です。
反対にキャリアを捨てての新天地の転職となると、最初は年収アップは望めませんし、文字通り裸一貫のスタートとなります。給料も最低ラインからのスタートになることがほとんどです。

年収アップを目指すのであれば、それまでのそれなりのキャリアの積み重ねが必要ですし、それ以上に転職にたいして大きな自信があることが望まれます。
もちろんそれと同時にやる気も大切です。

面接のセルフチェックも

転職しようとする会社の面接の際、採用担当者はそれまでの実績とともにやる気や、明確な退職の理由があるかどうかもをチェックします。

その時点では面接でしかチェックする術がありませんから、面接は特に大切になってくるのです。
そのためにも、事前のセルフチェックは大切です。

初心に帰って、新卒のときの就職戦線を思い出すようにしてもいいでしょう。
新卒のときよりも、人生経験を積んでいるのですから、面接もしっかりしたものにならなければいけません。

また、何で前の会社をやめたのか、その理由は明確なのか、等にもはっきりと答えられるよう準備が必要です。

「自分に合わないから」といういい加減な答えでは、面接に通ることは難しいかもしれません。

採用担当者は中途採用に関しては、それなりのレベルとクオリティーを求めることを知っておきましょう。

やりたくない理由より、新しい目標を掴み、成功するために転職する、というような前向きでエネルギッシュな意気込みの方が好感が持たれます。

まとめ

転職をするときに気をつけなくてはいけないのは、後悔してしまうことです。
転職した人の約半数は「こんなはずではなかった」と後悔するようです。

それは転職に対する意識が低かったり、ネガティブ要因から転職を考えた結果です。

そうならないためにも転職を考えるときは次のことをしっかりと考えましょう。

  • 何のために転職をするのか
  • 転職に必要、または有利な資格取得のタイミング
  • キャリア優先か未経験者可なのか

以上の3点です。

資格が必要な場合は、在職中に取得するのか、求職中にするのか、あるいは転職後にするのかをはっきりと決めておきます。

また転職先にもよるのですが、自分のキャリアを十分に発揮できるところなのか、ゼロからのスタートにするのか、しっかりと考えて行動に移してください。

そして何よりも最も重要なのは、本当に自分が何をやりたいのかを明確にし、本気で取り組める仕事や職種を探すということになります。



  1. 一括査定はもう古い
  2. しつこい営業電話が来ない
  3. 個人情報が流れない
  4. 査定は自宅かお近くの提携店で、1回のみ

【かんたん、安心、高く売れる・オークション形式】
無料査定申込はかんたん30秒

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!