WordPressテーマのおすすめランキング

ワードプレス・テーマランキング

数あるワードプレスのテーマの中で何を選択するのかは、デザインの好みや重視するポイントによって変わるため一概にはいえません。
しかしそんな中で、多くの人に自信を持っておすすめできるテーマもあります。
今回は有料テーマと無料テーマ、そしてコーポレートサイトを作る場合の3つに分けて厳選したそれぞれのおすすめを紹介します。

ワードプレスの重要なテーマ選び

ワードプレスを使ってサイトを管理するうえで、テーマ選びはとても重要な選択です。
テーマはサイトの基盤を構成するソフトであり、収益にも直結する重要なファクター。
テーマを変えただけでPVやアクセスの数が極端に上下することもあるように、テーマ選びがサイト運営に大きな影響を与えることは意識しましょう。

有料と無料、その違いについて

ワードプレスのテーマは有料と無料のものに大別されます。
一般的には有料のほうが無料よりデザインが良く機能面でも優れていると考えがちですが、必ずしもそうとは限りません。
もちろんその傾向があることは事実ですが無料テーマの中にも優れたものはありますし、有料といってもその価値に疑問符が付くようなテンプレートもあります。

大切なのはコンテンツの方向性に合ったテーマを選択すること、そして自分が求める機能を満たすテーマを選ぶことです。
特にワードプレスをはじめて使う人の場合は、いきなり有料テーマを使う前に実験的に無料テーマをいくつか触ってみて感触をつかみ、そのうえで機能面で不足を感じた場合に有料テーマの検討をする人もいます。

テーマ選びで特に重要なポイントとは

1番重要なポイントはやはりデザインでしょう。どんなに内容が良くても、パッと目を引くデザイン性がないと、最初に読んでもらえず、機会ロスを生んでしまう恐れがあります。
逆に内容は乏しくてもデザイン性が優れていたら、とりあえずは読んでもらえます。もちろん掴みの後は、内容が良いかどうかが一番のポイントとなることは言うまでもありません。

2番目としてはSEO対策が施されているかどうかです。
上位表示がされるホームページはそれだけ読んでもらえる確率が高まります。せっかく良いサイトを作っても、「まずは読んでもらう」ことが先決であることを考えると、SEO対策が正しくされているテーマを選んだ方がいいに決まっています。

当サイトでも、デザイン性とSEOの内部対策済みである、という視点からおすすめのテーマをご紹介しています。

有料テーマのおすすめ

有料テーマを使う一番のメリットは様々な機能を手軽に使える点にあります。
やりたいこと、実装したい機能が明確な場合にはベストな選択肢となる可能性が高く、実現までの時間短縮にもなります。

  1. THE THOR(ザ・トール)
  2. WING(AFFINGER5)

THE THOR(ザ・トール)

有料テーマのおすすめは第一位はTHE THOR(ザ・トール)
数ある有料テーマの中でも抜群に優れたテーマであることは間違いありません。

あまりサイト作成や検索エンジン最適化に詳しくない人でも扱いやすいテーマです。もちろん上級者の場合は細部を自分でカスタマイズ調整することでより使いやすくなります。

またTHE THORはデザインも優れているため、サイトを訪れた人に鮮烈な第一印象を与えることができるのも魅力です。
最新技術が盛り込まれているため表示速度も速く、Gzip圧縮・ブラウザキャッシュ・画像遅延読み込み対策もされていて、SEOも内部対策済みです。
優れたテーマはそれほど手を入れずともクオリティの高いサイトを作ることができる共通点がありますが、THE THORはその筆頭として自信を持っておすすめできるテーマです。

https://luxuryblog.tokyo/wordpress/the-thor/

WING(AFFINGER5)

WING(AFFINGER5)もおすすめ。
デザイン性は高く訪問ユーザーにも見やすいレイアウトや装飾は人気の理由の一つです。
サイト作成をする方も楽しみながら構築できるのが魅力です。

またサイトレイアウトの微調整もテーマ内で変える事が出来て、こだわった設計のサイトを作りたい方にも好まれています。
もちろんSEO対策は考えられていますので安心です。

有名な無料テンプレート「STINGER」シリーズの有料版ですので、ご存じの方も多いかと思います。

無料テーマのおすすめ

無料で使えるテーマの中には有料テーマをも凌ぐ優れたテーマもあります。
おすすめはこちら。

  1. Cocoon(コクーン)
  2. Luxeritas(ルクセリタス)

Cocoon(コクーン)

コクーンはとにかくシンプルで高速に動作するサイト作りを行いたい人におすすめできるテーマです。
Cocoonで作成したサイトはGoogleが提案している高速表示のための構造分析においても優秀な成績を収めることができるので、ユーザビリティも良いです。
またスッキリと見やすいサイトはユーザーの離脱率も低くなるため、収益につながる効果も期待できます。
無料でありながらSNSへの共有やレスポンシブデザインにも対応しているので、様々な分野のサイト作成におすすめです。

こちらは無料テーマで断トツ人気だった、「simplicity」の進化版という位置づけになっています。

Luxeritas(ルクセリタス)

Luxeritasは表示速度の速さを第一に考えた無料テーマです。
SEO対策を考えたGenesis FrameworkというテーマのSEO対策を分析し抽出しているため安心です。

表示速度は測定サイトにおいて満点近いスコアを安定して出せる実力があります。とにかく速いというのがLuxeritasの魅力です。

カスタマイズ性も高いので、無料テーマとは思えないほどきめ細やかな設定が行えます。
デザインをワンタッチで切り替えることができるので、マンネリ化を打開したい場合にもいいでしょう。

コーポレートサイトにはLightning

企業の公式サイトであるコーポレートサイトの作成におすすめなのがLightning。
有料版もありますが、基本的な機能は無料で使えるテーマです。

Lightningはワードプレスの公式テーマでもあり、その信頼感と実績には定評があります。
もちろんSEO対策も十分で、コーポレートサイトを作るのに最適です。

シンプルな構成のサイトにするも良し、拡張プラグインでカスタマイズを行って凝ったサイトを作るも良し。
企業カラーに合わせた公式サイト作りに、ぜひ活用しましょう。

ちなみにLightningの前身はBizVekorという有名テーマで、ここから進化しワードプレス公式テーマとして登場しました。私も自分の会社のメイン・ホームページにはずっとBizVektorを使用してきました。SEO対策もしっかりとされており、上位表示もできました。

まとめ

サイト運営を行ううえで極めて重要な意味を持つワードプレスのテーマ選びでは、コンテンツの方向性と目的に合ったテーマを選ぶことが大切です。

有料テーマならばTHE THOR(ザ・トール)、無料テーマならばCocoon(コクーン)かLuxeritas(ルクセリタス)を選んでおけばまず間違いないでしょう。
コーポレートサイトを作りたい場合はLightning(ライトニング)一択でいいかもしれません。