転職エージェントはどうやって選ぶ?年代別の選び方を伝授

転職する際に強い味方となってくれるのが転職エージェントです。
しかし自分にあった転職エージェントを探すとなると一苦労かもしれません。

転職エージェントの数は多く、メリットとしては選択肢が多く充実していることと言えるでしょう。

ここでは転職エージェントの選び方について、詳しく紹介していきます。

転職希望者の年齢によって、最適な転職エージェントも違ってくるので、年代別の転職エージェントの選び方についてもご紹介します。

全年齢対応の転職エージェント

転職エージェント自体が、30歳代の転職に強い…あるいは、高齢者のための転職エージェントと謳っている場合もあります。

いっぽうで対象年齢をはっきり宣言していない転職エージェントも存在します。
というよりも転職エージェントは全年齢対応のところが多いといっていいでしょう。

現在は年齢を理由に、求人をしてはいけないこと(正確には努力義務)になっています。
そのため募集要項の中には、年齢を条件とする項目がない場合が多いのです。

しかし職種によっては、キャリア形成などの問題から、未経験者であれば30歳までといった条件を付ける求人情報もあります。
反対に経験者であれば、文字通り年齢制限のない求人募集もあります。

一般的に全年齢対応の転職エージェントのほうが、募集職種が多く、求職者にとって選択肢が増えるので有利といえそうです。

人手不足であり、求職者から見ても空前の売り手市場と言える時代です。それは、多くの転職エージェントが乱立していることからもわかります。

全年齢対応の転職エージェントで求職活動をする場合は、できるだけ求人件数の多い、大手の転職エージェントがいいでしょう。

大手となると求人数が業界でもトップクラスであることはもちろん、コンサルティングとしての知識もあり、提案力も高いのでおすすめです。
いっぽうで掲載件数が多いと募集時の情報が古くなる(管理が行き届いていない)ケースもあるので注意が必要です。

20歳代の転職エージェントの選び方

20代でも幅がありますが、一般的には初心者であることが多く、求人情報を出す企業も多くのキャリアを期待していないことが多いといっていいでしょう。

いっぽうで、会社の在籍数が3年程度であれば、社会人としての教養は身についていると考えられるので、新人研修といってもすぐに実践的な研修(仕事の見習い)に入っていくことができます。
転職する側としても、ある程度の経験(3年程度)を経て転職活動をすることが望まれます。

20歳代など若い人向けの転職エージェントも多く、充実したサポートを売りとしています。
中には面接にも付き添うといった、担当者性を敷いている転職エージェントもあり、転職に不安を抱える20歳代の転職活動の大きな味方といっていいでしょう。

20代では1年以内にころころと職場を変える人もいますが、転職回数が多いのは面接では不利になります。最低でも一年以上勤務するつもりで職を探し、一度勤務したら例え仕事や職場に後から問題があることわかっても、少々のことは我慢して最低でも1年は働くことが大切です。
採用する企業から見ても、すぐに辞めそうな人は採用したくありません。求職者には分からないと思いますが 採用活動するだけでも相当なお金がかかり、また 研修にもかなりの費用がかかることを知った方が宜しいでしょう。
だからすぐに辞めそうな人や転職回数が多い人は、最初から採用しないのです。

30歳代の転職エージェントの選び方

一般的に30歳代が転職するためのラストチャンスの世代とされています。
これはあながち間違いではありません。

30歳代となると、企業も即戦力を求めますし、30歳代で未経験者可という職種であれば、多くの給料を期待することはできません。
心機一転、異業種での転職を求めるなら特に難しい世代といえます。

30代でも後半になると、スキル面だけではなくマネジメント能力も求められます。
リーダーシップを発揮しなければならないような、部署や立場での採用も考えられます。

求職する側にもよりますが、30歳代の転職エージェントの選び方は、リーダー職や管理職といったマネジメント能力を求められる、プロフェッショナルな求人を扱う転職エージェントを選ぶようにしましょう。

40歳代の転職エージェントの選び方

企業は40歳代には組織をまとめるマネジメント能力を求めています。

スキルと経験は20年の社会人生活を送っていたら、それなりに身についているので、あとは個人としての資質ということになります。
もちろん、経験に裏打ちされたものですから、これまでに様々な場数を踏んできた人を求めるのは当然といっていいでしょう。

40歳代の転職エージェントの選び方は、1名限定の管理職採用といった、エグゼクティブ志向の強い転職エージェントを選ぶようにしましょう。

昨今の企業は、リストラなどある程度能力の低い人には退職を勧めていますが、マネジメント能力のある人は必要としています。

実際に40歳代向けの転職エージェントも少なくなく、数自体はそれほど多くはありませんがある程度の数は存在しているので、そういった転職エージェントを選ぶようにしましょう。

まとめ

年齢を気にしなくてもいいのは、第二新卒と言われる20代半ば過ぎくらいに限られます。
それ以降となると、ある程度の経験は求められますし、社会人としての教養が身についていることは当然と見られます。

そのため、高い位置からの転職活動となりますし、自分自身、高い下駄をはくのではなく地に足をしっかりとつけた土台が高い位置から転職活動をしなくてはいけません。
その立ち位置から、自分の年齢に合った転職エージェントを選ぶようにしましょう。



  1. 一括査定はもう古い
  2. しつこい営業電話が来ない
  3. 個人情報が流れない
  4. 査定は自宅かお近くの提携店で、1回のみ

【かんたん、安心、高く売れる・オークション形式】
無料査定申込はかんたん30秒

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!