フランス・ニースの気候と9月の実際の天気と気温情報

私がフランスの南仏地方にあるニースに滞在したのは、9/20~9/25までです。

よって、このページの情報は9月と10月中旬くらいまでが当てはまると思いますので、参考にして下さい。

フランス・ニースの朝の気温

若干涼しいです。気温は18~20℃くらいでしょうか。

しかし寒いという印象はなく、半袖でも大丈夫ですが、少し涼しく感じますので、長袖のシャツがあればベストです。
朝食だけを食べに行って、またホテルに戻ってくるならば、長袖シャツで出かけるのがいいかと思います。

日中は気温が上がりますので、朝食後は半袖で出かける方がいいですね。

ニースの日中の気温

ニースのビーチ

気温は25℃前後ですが、かなり暑いです。

海辺ですので、直射日光の日差しがとても強い印象。だから半袖でちょうどいいですね。

曇りの日でも半袖で大丈夫だとは思いますが、寒がりな人は長袖シャツがあると便利でしょう。とはいっても寒いという感覚は全くありません。基本的に温暖なリゾート地だと思って下さい。

ちなみに25℃くらいの晴天の日は、ビーチでみんな泳いでいました(笑)

 

ニースの夜の気温

夜もそれほど寒くはなりません。気温は20℃~23℃くらいでしょうか。

日々の温度差がはほとんどなく、毎日同じような感じの1週間でした。気温は晴れてても、曇っていても、雨でもそれほど変わりません。

よって持ち物に気を使う必要があまりないと言えます。

ニースでも雨は降る

ニースは晴天の日が多く、一部の情報では年間300日が晴れだそうですが、この情報はどうかと思います。

実際、私が滞在していた1週間で、雨の日が2日ありましたので(笑)

雨といっても1日中降っている訳ではありませんので、雨の後晴れれば「晴れた」ということでカウントされているのではないかと思います。

「ニースはまず雨は降らない」と豪語した、ミラノ在住のアホな日本人ガイドがいまして、知人が天気予報のアプリで雨だと教えてあげたのですが、そのアホ?ガイドは「そのアプリがおかしい、こっちのアプリは信用できない」と言っていました。

しかし実際には天気予報通りに雨は降りました(笑)どこのサイトを見ても雨でしたので、当然ですよね。全くガイド失格ですね。

いずれにしても、ニースでも雨は降りますので、折り畳み傘は必携です。

またニースにしか滞在しない、という人はほとんどいないと思います。パリであったり、ヨーロッパ周遊であったりと、旅行の一部にニースも組み込む感じだと思いますので、旅の中の一つという位置づけでしたら、とても過ごしやすい地域なのではと思います。