自転車競技トラックレースのここがスゴい!【見どころ・種目別ルール解説】

スピードを競う自転車競技のひとつに、トラックレースがあります。

自転車トラックレースは種目数がとても多く、2020年に開催される東京オリンピックでも多くの種目が採用されています。
主な種目の特徴や基本ルール、見どころなどをまとめて紹介しましょう。

スピーディな自転車競技、トラックレース

トラックレースは自転車で競技場のトラックを周回して速さを競う競技です。

トラックは角丸長方形で内側に向かってカントと呼ばれる勾配の付いたすり鉢状になっています。
特にカーブのポイントではカントがきつくなっていて、全体を通してスピードを落とさずに走れる構造になっています。

トラックの舗装は板やコンクリート、ウォークトップと呼ばれるカラーシーリング材など様々で、一周の距離は250mから500mが一般的です。
舗装や周回距離は種目によっても異なり、種目ごとの特性に合わせた環境が設定されています。

トラックレースの種目

トラックレース競技が採用されている主な国際大会には、4年に1度のオリンピックや毎年開催される世界自転車選手権があり、それぞれ多数の種目が採用されています。

種目は変更になることがありますが、現時点でオリンピックや世界選手権で採用されている種目は次のとおりです。

  • スプリント
  • チームスプリント
  • ケイリン
  • チームパシュート
  • オムニアム
  • マディソン

スプリント

個人で決められた周回を走って着順を競う短距離のトラック種目です。

最終200mのタイムを競う予選で上位に入った選手が決勝に進み、決勝は1対1のマッチレースで行われます。

ゴールに向けたラストスパートまでの熾烈なポジション争いやゴール前のデッドヒートが見どころの種目です。

チームスプリント

男子は3人1組、女子は2人1組のチームでトラックを3周走り、1周ごとに先頭がコースから外れていき最後の1名同士で勝敗を決する、タイムトライアルレースです。

常に有利なポジションを探りつつ、最後の1人にいかに体力を温存させるかが見どころのひとつです。

ケイリン

トラックを8周して速さを競うケイリンは公営競技の競輪から派生した種目で、区別するためにケイリン(KEIRIN)と呼ばれています。

どちらもトラックを周回して速さを競う点では共通していますが、トラックの長さやカントの角度、レースに参加する競技人数や周回数など細かな違いがあります。

もっとも大きく違うのは競輪が主に地方支部ごとの隊列を組んで競うライン戦であるのに対し、ケイリンは完全な個人戦である点です。
日本生まれのケイリン(KEIRIN)は、国際自転車競技連合にも正式名称として認定されています。

チームパシュート

団体追抜競走とも呼ばれる種目で、4人1組の2チームが計4kmの走路を駆け抜けて相手を追い抜くかタイムで上回ることで勝利となります。

空気抵抗をいかに抑えながら戦うか、コーナーを使っていかに先頭交代をスムーズに行うかがカギとなる、チームワークが見どころの種目です。

オムニアム

下記の4種目を1日で行い、合計得点で順位を決定する複合種目です。

  1. スクラッチ
  2. テンポレース
  3. エリミネイション
  4. ポイントレース

スクラッチは全員が一斉にスタートするトラック種目で、テンポレースは各周ごとに先頭選手にポイントが加算される種目。
エリミネイションは2週ごとに最下位の選手が脱落していき、ポイントレースでは25kmから50kmを中間ポイントを獲得しながら走破します。

マディソン

2人1組のペアで交代しながら決められた距離を走り切るポイントレースです。

交代のタイミングや、交代の際に行われる加速のためのハンドスリングなどの動作が見どころの種目です。

トラックレースはここが面白い!

トラックレースでは今回紹介した以外にもたくさんの種目があります。

種目ごとに特徴があり見どころもそれぞれに違いますが、風の影響を大きく受ける自転車競技では基本的に先頭の選手ほど風圧で不利になるため、中盤までは他の選手の後ろに付く形でレースを組み立てる戦法が一般的です。

少しでも有利なポジションを確保するための牽制や駆け引きが見どころのひとつで、最終周に入るあたりからレースの様相がポジション争いから先頭争いへとチェンジします。

特にスプリント系の種目では各選手が爆発的に加速するため、一気に会場全体のボルテージが上がります。
種目によっては最高速度が時速70kmにまで達することもあり、その迫力はまさに圧巻のひとことです。

トラックレースまとめ

自転車競技のひとつであるトラックレースにはスプリントやチームパシュート、マディソンなど様々な種目があります。

スプリント系の個人競技では中盤までのポジション争いとレース終盤に過熱するトップ争い、チームパシュートやマディソンなどのライン戦ではスピーディなレース展開の中で発揮されるチームワークが主な見どころです。

レースを通して様々な戦術や駆け引きがあるので、競技を知れば知るほどトラックレースの魅力は高まるでしょう。

■世界最大級オンラインサイクルショップWiggle

  • サイクリング・ランニング・スイミング用品の、世界最大級のオンラインショップ
  • イギリスでは人気No.1のWiggleは、ロードバイク、マウンテンバイク、トライアスロン用品までスポーツ用品を幅広く取り揃え
  • 品揃えは、日本国内のどこのサイトより多く、また価格も国内価格より安いのが魅力


■イギリスを代表する自転車パーツ・用品通販サイト

Campagnolo、4IIII、Fulcrum、Castelli、Oakleyなどの有名ブランドをお得に買うなら【ProBikeKit】

  • Fulcrum、 Castelli、 4IIII、 Campagnolo など歴史の長いグローバルブランドの取り扱い
  • サイクリングウェアやコンポーネント、アクセサリーから栄養補助食品まで

■ロードサイクリング用品を低価格で買うなら【ProBikeKit】


  1. プロの自転車整備士が組立て整備してお届け
    資格を持つ整備士が自転車の組立・品質チェックを行い、国内自社整備工場からすぐ乗れる状態でお届け
  2. 2.各種アフターサポートも最大6ヶ月無料!
    ・全国の自転車店で受けられるパンク修理保証
    ・万が一でも安心の盗難補償
    ・24時間365日いつでも申請可能な便利な自転車ロードサービス
    ・付帯補償セット(自転車保険)
    ・防犯登録も代行で面倒な手続き一切不要
  3. 200車種以上の自転車から選べる
    ママチャリから折りたたみ自転車、電動自転車、子供乗せ自転車、子ども用自転車など、充実のラインナップ

■人気自転車が最大30%OFF!話題の自転車ショップ【cyma-サイマ-】