女子新体操と体操競技のテクニックと見どころ、個人と団体戦の特徴とルール

華やかな女子競技の象徴でもある新体操は、美しさや力強さが表現される人気の競技です。

手具(新体操の道具)ごとに発揮される様々なテクニックも新体操ならではの見どころです。
手具の種類や個人競技と団体競技の特徴など、新体操の基礎知識をまとめてわかりやすく解説します。

★後半では女子新体操に続いて、男女体操競技の見どころとルールも分かりやすい説明していきます。

新体操とは(Rhythmic-gymnastics)

体操の一種である新体操はリボンやクラブ、ボールなどの手具を使いながら音楽に合わせてリズミカルに演技を行い、芸術性や美しさを競う競技です。

演技は13メートル四方のフロアマットで行われ、主に難度と芸術、実施の3項目に分けて採点が行われます。

体操競技とよく似た部分もありますが、新体操では宙返りのようなアクロバットは禁止されています。

後述する主な国際大会では今のところ女子のみを対象に競技が行われていますが、最近はよりダイナミックな演技が特徴の男子新体操も普及や国際化が進んでいます。

競技に用いられる手具

新体操リボン演技

新体操で演技に用いられる手具は次の5つで、大会で指定される手具は年度によって変わります。

  • リボン
  • フープ
  • ボール
  • クラブ
  • ロープ

★新体操のイメージを代表する手具でもあるリボンは、回したり投げたりする動作を行って軌跡で美しさを表現します。
流れるような動きを常に維持するために、手首が相当に強くなければ扱えない手具です。

★フープはいわゆるフラフープのことで、高く投げたり身体を通したりすることで、ダイナミックな動きや柔軟性を表現できる手具です。

★リボンとならんで新体操のイメージを強く印象付けるボールは、扱いが非常に難しい手具です。
身体の上を吸い付くように移動させたり高く投げ上げたボールを、自然な流れでキャッチしたりといった動作は特に見ごたえがあります。

★2本セットで扱うクラブは左右で異なる動きを表現する場合もあり、高い集中力を必要とする手具です。
落下による衝撃で壊れやすいため練習のときから細心の注意を払う必要があり、習得には多くの時間を要します。

★ロープはそのフレキシブルな形状から多彩な演技とともに躍動感を表現できる手具で、長さには制限がなく選手ごとに使いやすいものを選んでいます。
洗練された技術で操られるロープは、ステップやジャンプなどの動きに伴って自在に様相を変えます。

主な競技種別(演技種目)

新体操の競技は個人と団体それぞれで行われます。

個人競技は大会や年度ごとに決められている4種目の演技を行うもので、1種目あたりの制限時間は1分15秒から1分30秒。
5人1チームの団体競技では最大2種類の種具を用いて2分15秒から2分30秒以内で演技を行います。

ともに伴奏を付けて行う自由演技として、大会の規定に沿って構成しなくてはなりません。

オリンピックの個人競技ではロープ以外の4種目が行われます。

選手によって得手不得手も変わりますが、個人団体ともにすべての手具における基礎練習が重要といえるでしょう。
11歳以下のジュニア競技では5種類すべての手具で実施されるのが一般的です。

新体操の採点基準

新体操エクササイズ

採点は次の2項目の合計で計算されます。

  1. 難度点(Dスコア)
  2. 実施点(Eスコア)

技の難度を示すDスコア

Dスコアで採点基準となるのは次の4点です。

  • 身体難度(BD)
  • ダンスステップコンビネーション(S)
  • 回転や手具の投げを伴うダイナミック要素(R)
  • 手具難度(AD)

演技構成はBDを3個から9個、それ以外を最低1個は入れる形で行わなくてはならず、正確に実施した演技について得点が加算されていきます。
Dスコアはこれまで10点満点で採点されてきましたが現在は上限が撤廃されています。

演技の出来栄えを示すEスコア

新体操ボール演技

Eスコアは持ち点である10点満点から、芸術的欠点と技術的欠点を減点する方式で算出されます。

芸術的欠点として減点される要素には次のようなものがあります。

  1. 演技構成の統一感がない
  2. 技と技のつなぎがスムーズでない
  3. 音楽や振り付けとの調和が取れていない

身体や手具の扱いなどに関する技術的欠点は次のような点です。

  1. 重い着地
  2. 許可されていない技術の使用
  3. 不正確な軌道や受け

このほか制限時間の超過も1秒につき0.05の減点となります。

なお国際体操連盟(FIG)は美しさや芸術性などの部分において新体操の魅力をより高めることを目的に、東京オリンピック後の2021年より得点区分を新設する方針を示しています。

新設される区分はEスコアの判定基準である芸術的要素を独立させた芸術点とし、得点の配分などが今後決められる予定です。

新体操の見どころと注目ポイント

新体操

新体操は全体を通して躍動感溢れる演技が見どころの競技ですが、巧みな手具さばきや難度の高い大技などは特に目を引くポイントです。

モダンバレエの要素も兼ね備えているため柔軟性や力強さ、精神力なども強く要求される競技で、完成度の高い演技は人を強く惹きつけます。

また演技だけでなく着用するレオタードの色やデザイン、表情などの部分でも美しさが表現されている点にも注目です。

新体操の主要な国際大会

新体操の主な国際大会には次の4つが挙げられます。

  • オリンピック
  • 世界新体操選手権
  • 世界新体操クラブ選手権
  • ヨーロッパ体操競技選手権

オリンピック以外の3つは世界三大選手権といわれ、基本的に毎年開催されています。

東京体育館で開催される世界新体操クラブ選手権はクラブ対抗の大会ですが、個人得点によってシニア個人総合とジュニア個人総合にも表彰が行われます。

女子新体操まとめ

新体操はリボンやボール、フープなど全5種の手具を使って演技を行う、繊細かつダイナミックな競技です。
競技は個人と団体それぞれで実施され、得点は技の難度を示す難度点と出来栄えを示す実施点それぞれで採点されます。

今回紹介したポイントを頭に入れておくことで、手具さばき流れるような演技構成など、美しく表現される新体操の魅力をより堪能できるでしょう。

体操競技の種類について【男女別の種目やルール解説】

人間が持つ身体能力を極限まで追求する体操競技は、バラエティに富んだ見どころの多い競技でもあります。

じつはオリンピックなどの国際大会では男女で実施される種目が違うのも特徴のひとつ。
ここでは体操競技の採点方式や男女別の種目、それぞれの特徴などについて解説します。

体操競技とは

体操競技は床や鉄棒、平均台などの様々な環境で体操の演技を行い、技の難易度や美しさなどを競う競技です。

競技種別は種目ごとの得点を競う種目別と1人で複数種目を行って合計得点を競う個人総合、複数名が演技し合計得点を競う団体総合に分かれています。

体操選手の鍛え上げられたしなやかな肉体と超人的な演技によって表現される、美しさや力強さが主な見どころです。

採点方式

体操競技の採点は技の難度を表すDスコアと、演技のできばえや減点が反映されるEスコアを合計する形で行われます。

DスコアはAからGに分類された価値点と組み合わせ加点、種目ごとに定められた構成についての特別要求に基づいて算出されます。

2006年までは10点満点性でしたが、現在は難度の高い技の登場によって上限がなくなっています。
難度のレベルも50年以上前にはウルトラCという言葉が使われたようにCまでしか設定されていなかったものが、今では種目によってG難度やH難度にまで高まり、分類ごとに配点が定められています。

主な種目

体操競技の主な種目は、男女で下記のように分かれています。

男子体操競技種目一覧

  • 床運動
  • 鞍馬
  • 吊り輪
  • 跳馬
  • 平行棒
  • 鉄棒

女子体操競技種目一覧

  • 床運動
  • 跳馬
  • 段違い平行棒
  • 平均台

床運動

体操競技 床の演技

単にゆかとも呼ばれる床運動は男女共通して行われる体操競技の代表的な種目ですが、男女では趣が少し異なります。

男子は平均わざや静止わざ、跳躍わざといったそれぞれの動作を組み合わせて演技を行うのに対し、女子はよりアクロバティックな動きやジャンプ、ターンなどを多く取り入れた演技を行い、音楽も使って全体の演技が構成されます。

演技は12メートル四方の範囲で行われますが演技中に必ず四隅に到達しなくてはならず、ラインからはみ出たり、男子70秒女子90秒の制限時間を超えたりすると減点の対象となります。

鞍馬

乗馬の鞍を模した鞍馬という器具を用いて行われる種目で、腕で身体を支えた状態で止まらずに振動や移動、旋回などの動作を繰り返す種目です。
演技中に鞍馬から落下するほか、身体が静止したり着地で足以外を着いたりした場合には減点となります。

吊り輪

2本の吊り輪を使って腕のみで身体を支えて振動技や静止技を繰り返す種目で、男子のみを対象に実施されています。

他の種目とは違って静止技が重視される傾向にあり、腕力や身体のバランスが高いレベルで要求される非常にハードな種目です。
難度の高い技をいかにクリアするかで得点が大きく変わってきます。

跳馬

助走から踏み切りを行って跳馬に手を付いて跳び上がり、空中で演技を披露する種目です。

演技が連続する技の組み合わせで構成される他の種目と違い、ひとつの技で1発勝負をかける形になります。
前後方への回転や捻りなど様々な技があり、初めて発表した選手の名前を冠したものも少なくありません。

平行棒

2メートルの高さに設置された2本の棒を使って演技を行う種目です。

平行棒にぶら下がった状態から開始される演技は、片方あるいは両方の棒にぶら下がった状態でいくつかの技を披露した後着地動作を以って終了となります。
近年は静止技よりも振動技を使った流れのある演技が評価される傾向にあります。

鉄棒

高さ280㎝の鉄棒を使って演技を行う種目で、コバチ、コールマンなどの手放し技や大車輪など、一般にも広く知られる技も多い人気種目でもあります。

演技中に落下する、懸垂や倒立姿勢で静止するなどの行為は減点となります。
また着地に至る最後の技である終末技では、D難度以上の技を行わなくてはいけません。

段違い平行棒

170cmと250cmの高さで平行に設置した2本の鉄棒を使って演技を行う種目で、女子のみに採用されています。

2本の鉄棒の間を行き来する移動技はこの種目ならではの見どころで、通常の鉄棒で繰り出される技を含めたバリエーションの多さに特徴があります。
鉄棒種目と同じく演技中の落下や静止、足以外での着地は禁止行為として減点の対象となります。

平均台

体操平均台

幅10cm長さ5m高さ1.25mの平均台の上で演技を行う種目です。
高いバランス感覚やしなやかさが求められる種目で、段違い平行棒と同じく女子のみで行われています。

1分10秒から1分30秒までの演技時間で前転やターン、宙返りなどの技を繰り出し、終末技からの着地を以って終了となります。
わずかなバランスの崩れが落下につながるため、恐怖心に打ち克つ精神力も要求される種目です。

主要な国際大会

体操競技が行われる主な国際大会はオリンピックとFIG(国際体操連盟)が主催する世界体操競技選手権があります。

世界体操競技選手権は元々2年に1度開催されていましたが、現在はオリンピックがない年に毎年開催されています。
オリンピックの前年に開催される世界選手権で一定の成績を収めると翌年のオリンピック出場権が獲得できます。

このほかヨーロッパやアジアでもそれぞれ選手権大会が開催されています。
2008年大会まで開催されていたFIG体操ワールドカップは、2009年に廃止となっています。

体操競技まとめ

体操競技は高い身体能力やバランス能力を持つ選手が様々な演技を行い、得点を競う競技です。
採点は技の難度を表すDスコアと演技のできばえを表すEスコアの合計で行われますが、技の難度は年々上がっています。

男子は床運動や鞍馬などの6種目、女子は跳馬や段違い平行棒などの4種目を行います。
種目ごとに特性が異なるため様々なな見どころがあるのが体操競技の大きな魅力です。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

■洋画・邦画・海外ドラマ・韓流ドラマ・アニメ・音楽・バラエティ番組に至るまで、あらゆるエンタメコンテンツが見放題で楽しめるU-NEXT

公式ホームページで内容を確認